水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その70  殿様松   富山市下大久保

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神通峡かいわいの昔ばなし  その70  殿様松   富山市下大久保

matu.jpg

その70  殿様松   富山市下大久保

下大久保の中心部にそびえている老松は、飛騨街道の並木松のほとんど唯一の生き残りである。いわゆる殿様松である。
これはもと飛騨街道両側に植えられ、雪中の目印とされたもので、戦のときは切り倒して敵の進行を妨げる防塞となり、また用材としての用意を兼ねたものであった。いつの頃か(明治十五年頃)飛騨街道の拡張、修繕の行われたとき、不要の街道松を伐採して道をまっすぐにしようと県より係員が出張検分に来たとき、この老松を眺め、その下に小さい灰納屋があったのを祠と見間違えて、「あれは祠か」と問うたところ、傍の人が「そうだ」と答えたため、「それならば伐る必要がない。その祠のものとせよ」と言い去って、そのまま伐採の憂き目にあうことなく、いまだに勇姿をとどめている次第であるという。(この松は伐採され今は見ることができない)
大沢野町誌
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。