水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その79    稲代のともしび  富山市稲代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神通峡かいわいの昔ばなし  その79    稲代のともしび  富山市稲代

11202119_1503537133269624_5201733903695669127_n.jpg

その79    稲代のともしび  富山市稲代

むかし、大沢野は葦や草の生い茂った大きな野原であった。
その頃は道といえばわずかに稲代から八尾に通じる田んぼ道があるばかり。そのごつごつした道は高く高く盛られ、人々はひだおろしの強い風が吹いてくると、道のかげにかくれて、しばし時を待ったものだ。
その道の近くにぽつんぽつんと、あらかべにむしろをつるした家が建っておった。家の前に灯されたたったひとつのランプは、家の中も照らし、外も照らした。
人々は夜も昼もなく働き続けたものだよ。
その頃、稲代の南に代官山があった。代官山のちょうど真ん中に大きなほら穴があって、中にはむしろがしかれ、鉄格子がはめられていた。
しかも堀で囲んであった。
そこは大沢野を開拓するために、準備された囚人たちの宿舎だったとか。これはおじいさんの子どもの頃の話だよ。
話 小幡太一
再話 吉田律子
「たずねあるいた民話 大沢野」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。