水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その82    伝説 吉野篭の渡し場の大蛇   富山市吉野

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神通峡かいわいの昔ばなし  その82    伝説 吉野篭の渡し場の大蛇   富山市吉野

11695972_1504706286486042_2969503981169296121_n.jpg

その82    伝説 吉野篭の渡し場の大蛇   富山市吉野

吉野の篭の渡しの場所は現神一ダムの下にあります。 私が十才頃聞いた話です。
今から百七十年位前のころでしょうか。村に丗五、六軒位の家があったじぶんのお話です。
茂住の住人で柿下という人が、吉野銀山の鉱夫として吉野へ稼ぎに来て定住していました。
柿下という姓で名前までわかりませんが川での漁猟が盛んな頃のある日、柿下さんが川へ鮎か鱒かわかりませんが、魚を捕りに行きました。
篭の渡しの下の川原で流れを眺め漁場をどこにしようかと川上を見たり、川下を見たりして思索しておりました。
虫の知らせか、フト上流の大岩の方を見るとアーラー恐ろしや、大きな大蛇がその岩に幾重にも巻きついて、こちらをにらみ、赤い舌をべらべらと出して形相物凄く今にも飛びかからんばかり、柿下さんは余りの恐ろしさに身体がこわばり、心臓が止まったかの様に動かれず、顔は青ざめてしまいました。後日その事を他人に語ったということです。
本人は今迄、山や川で生き物を殺生したことのたたりであると悟り、今後一切、猟を止めることを決心したとのことです。
現在吉野橋近くの六地蔵のそばにある舟型のお地蔵様は、本人が後世までもと、願いを込めて建立したと伝えられています。
その後、柿下家の人が佛心厚く「六字名号塔」を建立されました。 苔むした側面に天保十二年巳亥五月當村施主柿下源五郎と古字が残されています。
笹川慶治 翻刻 平井一雄
郷土研究大沢野町「ふるさと下タ南部」野菊の会より
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。