水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その83  長兵衛とお蔵屋敷  富山市二松

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神通峡かいわいの昔ばなし  その83  長兵衛とお蔵屋敷  富山市二松

大八車

その83  長兵衛とお蔵屋敷  富山市二松

今から二百年ほど前、たくさんの米俵を積んで、舟倉野から東岩瀬野の海沿いにあるお倉屋敷へと運ぶ、長兵衛の一行があったと。石ころの多いでこぼこ道を、大きな車輪の音をひびかせながら、舟倉米を積んでいかれたと。
やっと半分ほど来たとき、
「さあ、飯だ、飯にせんまいけ」と言って、一行は梅干しの入った大きな焼き飯(おにぎり)をさっさと食べたと。それから、ボロボロに破れた草鞋を脱ぎ捨てて、腰に吊るしておった新しい草鞋にはきかえたと。腰にまだ一足残っているのは、帰りの分だといね。
「さあ、あと半分だ、元気出そう」
みんなは、お互いに声を掛け合ったと。ようやく、東岩瀬野へ着いたのは、お日さまが海の水平線に沈む頃だったそうな。
ところが、東岩瀬野の番人たちは、
「舟倉米は品質が落ちている」と言って、値段を下げたといね。長兵衛たちは、くやしくて残念に思ったと。
舟倉野に帰った長兵衛たちは、毎晩村人たちと語り合ったと。
「もっと良質のお米をたくさん採れるようにするには、どうしたらよいかの」
村の人たち全部で考え、知恵を出し合われたと。それからというものは、まじめで人情のあつい舟倉野の人たちは、戸口に行灯をともして、おそくまでよう働いたといね、
その甲斐あって、一年一年、たくさん良質のもちもちしたお米がとれるようになったと。舟倉米はおいしいという評判が、加賀の殿様の耳に入ったので、その頃繁盛していた二本松に、お蔵屋敷と番屋敷が建てられたと。
千三百坪の敷地内に、お蔵屋敷の広さは、およそ五百八十坪、番屋敷の広さは、三百九十坪と伝えられているそうな。お蔵は四方が土塀で囲まれていたと。お蔵が近くなって喜んだ舟倉野の人たちは、長兵衛を神様のようにあがめ、うやまったと。
明治時代の初め頃まで、長兵衛をまつる「大長祭」が盛大に行われていたんだと。お蔵屋敷、番屋敷のあと地は、二松のお宮さんの西側にあったと。現在は、大毛利俊夫さん一家が住んでおられると。
参考「二松のあゆみ」 話者 大毛利俊夫 
「船峅のむかしがたり」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。