水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その85  古い松と天狗   富山市二松

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神通峡かいわいの昔ばなし  その85  古い松と天狗   富山市二松

11225436_1505874866369184_6456208214070168505_n.jpg

その85  古い松と天狗   富山市二松

むかーし、二本松のお寺の前に、でっかい、でっかい、古い松の木があったと。木の根っこが、あっちにもこっちにも、広がっておったと。
その木の根っこがもり上がっているので、まるで小高い山の頂上に、松の木があるように見えたと。
その松の木の上に、いつからか、天狗が住みついていたといね。天狗は、人に悪さするでもなし、いつものんびりと、昼寝をしておったと。かくれみのを持っているので、天狗に気づくものは、だれ一人いなかったといね。
ある暑い朝のことだったと。お寺の住職が、お参りから帰る途中、
「暑くて、暑くて、たまらんわい。ことしの暑さは、かくべつじゃ」
とひとりごとを言いながら、でっかい松の木の下を通ったと。
すると、涼しい風が、吹いてきて、思わず大きな声で、
「おーい、さわやかな風が吹いて来るのー。気もちよいわいー」と言いながら、松の木の上を見上げたと。そこには、でっかい、でっかい、いちょうの葉っぱと、もみじの葉っぱがまるで、プロペラのように、回りさくっとったといね。
お寺の住職は、
「あれは、きっと、天狗のしわざにちがいない」と思ったと。
それからは、どんなに暑い日でも、松の木の下だけは、涼しかったと。
ちょうど、そのころ、大きな松の木の前に、寺子屋があって、おおぜいの寺子たちが、手習い(読み、書き、ソロバン)を習っていたと。おもに、お寺の住職が教えておられたそうな。
古い大きな松の木は、多くの寺子たちの遊び場であったと。寺子たちは、手をつないで、松の太さをはかったり、松の皮をめくっては、
「これは、馬だ」「牛だ」「ねこだ」「えんころだ」
と言って遊んだり、また、松ぼっくりや緑の松葉をたくさん拾ったりして、遊んだと。
やがて、笑い声がたえなかった寺子たちに、古い大きな松の木との別れがやって来たと。ある年のこと、松根油(松の根にある油)をとるため、松の木は切られてしもたがやと。
参考資料「二松のあゆみ」
「船峅のむかしがたり」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。