水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その86  馬鞍谷と大蛇の伝説  富山市坂本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神通峡かいわいの昔ばなし  その86  馬鞍谷と大蛇の伝説  富山市坂本

11705363_1506141533009184_5670467563469693558_n.jpg

その86  馬鞍谷と大蛇の伝説  富山市坂本

昔、とんと昔、大きな川の近くに、広い広い台地があったと。
台地は、いくつかの山をとりまくように広がっていたと。
台地には、古い武士のやかたや百姓屋が点々とあったと。
台地に行く時は、険しい谷や坂を越さねばならなかったと。
昼でも暗いでこぼこした道は、細くて、くねくねと曲がって、しかも赤土でよくすべってころんだといね。
夜は、きつねやたぬきが出て来て、よーくばかされたもんだと。
美女になったり、馬のふんがまんじゅうに化けたり、明け方まで同じ道を往ったり来たり、またきつね火にもおうたといね。
さて、台地にある武士のやかたでは、へいぜいは、田んぼや畑をたがやして、平和に暮らしていたと。この家には、先祖代々から伝わった馬の鞍があったと。何よりも、大切に床の間に飾ってあったと。
ところが、同じ台地に勢力の強い豪族が住んでいたと。
この豪族は、前々から宝物の馬の鞍がほしいと思っていたと。
ある日、とっぷりくれた闇の晩に大ぜいの手下を連れて、この武士のやかたへ乗り込んで行ったと。
一方、何も知らずにぐっすりねこんだこの武士のやかたの人たちは、だれ一人、馬の鞍が盗まれたことに気づく者はいなかったと。
まんまと自分のものにした馬の鞍を、豪族たちは近くにある大きな池に投げ込んだといね。
すると、池の水がにわかに吹き出し、それは、天にもとどくような勢いで上がったと。
その時、一ぴきの大蛇がとびはねて、やがて、うねうねと赤い舌をペロペロ出しながら、山の木や草を押し分けて進んで行ったと。大蛇のあとをぼうように、池からたくさんの水が流れていき、やがて大きな川となったといね。
これを見ていた台地の人たちは、「こんなに水があれば、お米がたくさんとれるぞ。大蛇は神様のお使いかもしれない。ありがたや、ありがたや」
と、みんな両手をあわせて拝み続けたと。
また、この険しい谷を人々は馬鞍谷と呼ぶようになったと。
参考資料「大沢野町ガイド」
「船峅のむかしがたり」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。