水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その87   娘が竜になった観音さま  富山市野田

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神通峡かいわいの昔ばなし  その87   娘が竜になった観音さま  富山市野田

11221957_1506355136321157_7721019614366765116_n.jpg

その87   娘が竜になった観音さま  富山市野田 

すこしむかしのおはなし。
野田にそれはやさしくて、思いやりのある娘さんがおられたと。
うちのじいさまは、たいそうかわいがっておられたが、縁あって、水橋の大きな店屋へお嫁に行かれたと。
もともと、からだが弱かったので、まもなく亡くなったと。
うちのじいさまが、娘の供養にと、自分の田んぼのかたすみに、観音さまを建ててあげたと。
ある日のこと、坂本の新聞配りのじいさんが、いつものように観音さまの前でお参りしとると、にわかに桜の木がゆれだしたと。
ふっと、あおのいで見たら、なんと美しい色をした竜が、からだを丸くくねらせて、天高くのぼっていったといね。
新聞配りのじいさんは、まるで天女のような竜に、夢でも見ているようで、開いた口がふさがらんまんま、どっと座り込んでしまったと。
このようすを聞かれたうちのじいさまは、
「それは、娘が竜になって、みんなを守ってくれているのだろう」
と言って、うなづいておられたと。
そんなことがあってから、
「大病をわずらった時、助けていただいた」とか、
「縁談がよくまとまった」とか、
口から口へ伝わるようになったと。
近所の人をはじめ、遠くからも参拝者が来られたと。じいさまの家にも、一歳になったばかりの孫が、角棒の磁石(長さ四センチ)を飲み込んでしまったが、五日目にお尻から出て来て助かったと。
じいさまも、脳梗塞で入院したが、早く退院でき、その上、後遺症も出なかったと。
このように、病気や事故の災難にあっても、助けてくださる観音様を建立された野田のじいさまは、
「病気で苦しんでいる人や、災難にあった人や、心の安らぎを求めている人があれば、この幸せを分かち合いたいもの。信は力なり」と、語っておられたと。
話者 西田 勇
「船峅のむかしがたり」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。