水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  笠寺観音かいわいの歴史探訪 >  笠寺観音かいわいの歴史探訪   その19   延命地蔵堂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

笠寺観音かいわいの歴史探訪   その19   延命地蔵堂

enmwijizoudou.jpg

その19   延命地蔵堂    笠寺観音境内

西門を入ってすぐ左側に三つのお堂が並んでいるが、その真ん中にあるのが「延命地蔵堂」である。地蔵菩薩がお祀りしてある。
寺の沿革史によれば、享保十四年(1729)慈雲院第六世覚宣再建とある。

地蔵菩薩について
地蔵菩薩の「地蔵」というのは、サンスクリット(梵語)の「クシティ・ガルバ」ということばを漢訳したものである。クシティは「大地」の意で、ガルバは「胎」とか「蔵」と訳されている。つまり、「大地の母胎」ということを意味している。この地蔵菩薩は、インドの大地の神の一種で、財宝をつかさどる神であったというのが定説である。
 地蔵菩薩について辞書を引くと、「釈尊が入滅されてから、弥勒菩薩が下生して仏になるまでの間、無仏の世界に住んで六道の衆生を救済する菩薩」と説明されている。菩薩とは道を求めて修行中の身をさすことばであるから、厳密な意味では、お地蔵さまや観音さまは仏ではない。しかし、広い意味では、菩薩、明王、如来などをまとめて仏ととらえているから、お地蔵さまを仏と呼んでもいっこうにさしつかえない。

『地蔵菩薩本願経』によると、お地蔵さまは、衆生を救うために十の誓いを立てている。
1.土地が豊穣で作物に恵まれる
2.家内が安全である
3.亡くなったら天国に生まれかわる
4.現世ではできるだけ長生きできる
5.願いごとがよくかなう
6.水火の災難がない
7.過ちやさわりを除く
8.悪い夢を見ることがない
9.旅行しても無事である
10.仏にめぐり会うことができる
これを見ると、お地蔵さまは墓地や災害現場、水子の供養などで建立されてはいるが、庶民の心をよく酌みとってくれる現世利益の仏さまであることがわかる。

「お地蔵さまのお話」IC-netより
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。