水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その94    川木と山境   富山市舟渡

神通峡かいわいの昔ばなし  その94    川木と山境   富山市舟渡

ikada.jpg

その94    川木と山境   富山市舟渡

飛騨のおびただしい粗材はいつも、神通川を利用して送っていた。また雪解けになると出水と同時に「川
木」という薪材も、地方沿岸住民には重要なものの一つであった。
舟渡・東猪谷は加賀百万石、西猪谷は富山十万石、中山横山は飛騨天領で、三ツ搦みで面白い話も多い。
或る時の出水時、丁度用材流送中だったので薪に拾ってもよい「じゃみ」(比較的細かい流れ木)に交じって、天領の用材も沢山流れて出た。舟渡村の百姓は各々拾いに出た。初めは用材に手を掛けなかったが、やがて一人拾い二人拾いして、先を争って手頃なものを拾い上げ、なお百万石領を笠に着て、舟を持っているのを幸いに、西猪谷十万石側で拾い上げたものも、舟の後ろに縄で縛って残らず持って来た。
ところが天領から「古呂材(板をとるために良質の大きいものを四尺から七尺に切ったもの)用材を拾いおる者は、速やかに届け出るべし、私に隠し持つ者あれば重罪に処する」ということになった。慌てて裏の山に埋めたが、天領では余り届け出が少ないので、巡視に来た。
西猪谷では仇討ちとばかり「舟渡で沢山隠した」と告げた。さア大変、役人が舟渡村へやって来た。真直ぐ裏山へ行って「これは誰が隠した」誰も答える者がいない。中の老人が一人進み出て「お役人様、これは東猪谷の持ち山でございまして、手前共は一向に存じませぬ」「然と左様か」「はい間違いござりませぬ」一同の者やっと愁眉を開いた。
役人は東猪谷に乗り込み、調べた揚句、早速猪谷から人夫を連れて来て、運び出した。舟渡の人達は罪にならないで良かったと内心ほくそ笑んでいた。役人は帰り際に「以後この山から南の方を東猪谷の持ち山とする、わかったか」といった。従来、谷が猪谷との境であったのが、このことがあってから、この山が境にさせられたという。
「大沢野町誌」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム