水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その95  地名の由来   富山市下夕

神通峡かいわいの昔ばなし  その95  地名の由来   富山市下夕

higasiinotani2.jpg

その95  地名の由来   富山市下夕

東猪谷 
 細入村の猪谷と同地名が東西にあるので、区別する意味から東猪谷と呼びならわされたものである。

舟渡
 神通川を挟んで、猪谷との交通連絡上、舟の渡し場があったことから来たものであるという.

薄波
 長棟川の水が薄く山肌を洗うていたところから出たものといわれる。

牛ヶ増
 飛騨入りの諸物資を運搬するのに、この辺りより険しくなるので、牛を増して運搬したところより起こる。

笹津・今生津・寺津・舟津と、津の地名が多い。津とは舟着場を意味し、往時陸運不便の折、水量豊かであったろう神通川が、貨物輸送の最大至便の交通路であったことを古老が証している。
下夕地区の側に津が多いところからみても、当時の世相の様子が偲ばれる。寺津には、古い家の呼び名「たや」の呼称からも、由緒ある家があったと思われるが、火災等による資料の散逸のために確証はない。

吉野部落は明治二十七年・三十年・三十三年の前後三回の部落全焼という猛火に見舞われ、これがため文献も見当たらず、その起因沿革は、村人の口伝によってしか知ることができない。吉野は天正年間鉱脈が発見されたことにより、一躍世に知られるようになった。この鉱脈発見の魅力により、葦の生え茂ったこの土地に因んで「葦野(吉野)」と名付けたものといわれている。
「大沢野町誌」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム