水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  笠寺観音かいわいの歴史探訪 >  笠寺観音かいわいの歴史探訪  その33   柴山藤蔵の常夜灯

笠寺観音かいわいの歴史探訪  その33   柴山藤蔵の常夜灯

sibayama.jpg


その33   柴山藤蔵の常夜灯   笠寺観音境内

笠寺観音の境内には、たくさんの石碑や灯籠などがたくさんある。一つ一つ見て廻れば日が暮れることだろう。
仁王門右手前に大きな常夜灯がある。石碑に刻まれた名前を見ると、「清洲 柴山藤蔵」とある。門をくぐった左手にも「清洲 柴山藤蔵」と刻まれた常夜灯がある。
調べてみると、この二基の常夜灯は、江戸末期、文久三年(1863)、嘉永六年(1853)に寄贈されたものであると寺史にあった。柴山藤蔵なる人物は、清洲の酒蔵の商人であった。

柴山藤蔵
寛政4(1792)年、愛知県清洲(現清須市)に生まれ、明治8(1875)年83歳にて没する。 子供を早く亡くした先代藤蔵の元、婿養子として入籍、柴山家五代目藤蔵を襲名。質屋・油屋を生業とし、その後米屋・酒造業を興した(米屋・酒造業は五代目以降に起業された)。現清洲桜醸造株式会社社長は九代目(平成26年現在)に当たる。 奉納寄進物には「キヨス柴山藤蔵・柴山屋藤藏」など用い主に灯籠を寄進。それは個人記銘の物も多いが大型の物は町衆との共同奉献も多くその数千基目指したと言い、その奉納寄進物は遠く宮城県塩釜、富山県初め香川県琴平など広範囲に及び(西春日井郡誌)、現在近隣を中心に56基程が確認されている。

清洲桜醸造は、「鬼ごろし」という清酒が有名である。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム