水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ふらり きままに >  富山市今生津  秋の神通峡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富山市今生津  秋の神通峡



12107156_1529594480663889_400690343293401121_n.jpg


楡原集落から神通峡に架かる観光橋を渡り対岸の道を下流に向かって歩いて行く。ほとんど人や車が通らない細い道が続く。この道は旧飛騨街道である。今でも道端の所々に野仏が残っている。時々この風景を求めてやって来る人の姿を見るが、この地域はクマやサル、カモシカなどが出没する。最近も観光橋をクマが歩いていたという地域無線の放送が流れていたから、歩くには鈴や携帯ラジオは欠かせない。
秋が深まり、紅葉した山々が、静かな川面に移る風景は見事である。
[ 2015/10/19 17:06 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。